2012.08.01

GL敗退のスペイン五輪代表ハビ・マルティネス「誰もが途方に暮れている」

 開幕から多くの競技で波乱が起きているロンドン・オリンピックは29日、男子フットボール競技のグループリーグ第2節が行われ、U-23ホンジュラス代表と対戦したU-23スペイン代表は、第1節のU-23日本代表との一戦に続き0-1で敗れた。これによりグループDは、U-23モロッコ代表を1-0で 下して2連勝を飾ったU-23日本代表が決勝トーナメント進出を決めた一方、2連敗となったU-23スペイン代表は最終節を待たずしてグループリーグ敗退 が決定した。

 開始早々の7分、緩い守備を突かれてあっさり先制されたU-23スペイン代表は、高いボールポゼッションをチャンスにつなげられず、MFフアン・マタの シュートもことごとく枠を外れてしまう。ようやく後半の途中から、故障から復帰したMFイケル・ムニアインの個人技を中心に猛攻を仕掛けたU-23スペイ ン代表だが、FWロドリゴ・モレーノがゴールに流し込むだけのヘディングをクロスバーに当てるなど再三の決定機を逃したうえ、明らかなPKが見逃される不 運にも遭い、最後まで1点が奪えなかった。

 メダルの有力候補に挙げられながら決勝トーナメント進出すら逃したU-23スペイン代表のショックは大きく、オーバーエイジ枠としてチームに加わったMFハビ・マルティネスも、試合後のインタビューで落胆を露にした。

「チームの誰もが途方に暮れている。24本ものシュートを放ったのにゴールを奪えないとは。こんな試合は今までの人生で一度もなかった。2試合で1ゴール も挙げられないなんて、本当に信じられない。この結果は不公平にも思えてならないが、相手に隙を与えると痛い目に遭うという大会になってしまった」

 とはいえ、キャプテンとしての責任があるハビ・マルティネスは、U-23モロッコ代表とのグループリーグ最終節では意地を見せるとの決意を示した。

「頭を上げて先に進まなければならない。この状況でもう1試合戦わなければならないのは酷だが、モロッコ戦では誇りを賭けて勝利を目指すことが課されている」

 

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング