FOLLOW US

ジエゴのアトレティコ移籍に暗雲…金銭トラブルが発生

 スペイン紙『マルカ』は、日本代表MF長谷部誠の所属するヴォルフスブルクのブラジル代表MFジエゴが、前所属クラブのアトレティコ・マドリ-ドと金銭トラブルを起こしていたと報じた。

 アトレティコ・マドリードは昨シーズン、ヨーロッパリーグを制覇。ヴォルフスブルクからレンタル移籍で加入していたジエゴもELの決勝戦でゴールを決めるなど優勝に大きく貢献している。金銭トラブルとなったのは、EL制覇に対する個人への報奨金5万9000ユーロ(約560万円)の支払いが遅れたことのようだ。ジエゴ側は期限を過ぎても報奨金が支払われなかったため、アトレティコ・マドリードを訴えたと同紙は伝えている。アトレティコ・マドリード側はトラブルが大きくなることを避けるため、すぐ報奨金を支払ったため、訴えは取り下げられた。

 アトレティコ・マドリードの関係者は、支払期限を遅らせることをジエゴ含め数名の選手と合意していたと同紙に明かしたと報じており、このトラブルによってジエゴへの信用が低下し、アトレティコ・マドリードへの完全移籍に障害が出てしまったと伝えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA