FOLLOW US

ブライトンで躍動のMFトロサール、ロンドンの強豪2クラブから関心か

ブライトンで活躍するトロサール [写真]=Getty Images

 ブライトン所属のベルギー代表MFレアンドロ・トロサールに対し、プレミアリーグの複数クラブが関心を寄せているようだ。4日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 2019年7月に母国のヘンクからブライトンに完全移籍で加入したトロサール。主に左ウイングや攻撃的MFのポジションを務め、攻撃の主軸として活躍。同クラブでここまで公式戦通算111試合に出場し23ゴール13アシストを記録している。今季のプレミアリーグではここまで7試合に出場し5ゴール2アシストをマーク。プレミアリーグで4位につける好調のチームを牽引している。

 そんな同選手に対して、現在プレミアリーグで首位に立っているアーセナルや、今年9月までブライトンの指揮官を務めていたグレアム・ポッター監督が率いるチェルシーが関心を寄せているようだ。報道によると、両クラブはトロサールの今季の活躍を高く評価しており、1月に開幕する冬の移籍市場または来夏の移籍市場にて獲得に乗り出す可能性があるという。なお、具体的な名前こそ明かされていないが、この2クラブの他にもプレミアリーグの複数クラブが同選手に興味を示しているようだ。

 トロサール自身はこうした噂に対し、「現時点でそうしたことについて何か言うのは難しい。どのクラブが声をかけてくるかにかかっていると思う。でも、ブライトンでの自分の状況についても理解しているし、ロベルト・デ・ゼルビ監督のもとでのプレーも良い感じだよ」とコメントするにとどめている。

 今後の活躍によっては、他クラブからの関心がさらに強くなることも予想される。今後のトロサールのパフォーマンスと、同選手をめぐる他クラブの動向に注目だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO