FOLLOW US

チェルシーが3選手の獲得に動く…F・デ・ヨングに115億円、フォファナに128億円投資か

チェルシーがF・デ・ヨング(左)、オーバメヤン(中)、フォファナ(右)の獲得に動く [写真]=Getty Images

 チェルシーが実力派3選手の獲得に動くようだ。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 同メディアによると、チェルシーは今夏の移籍市場でバルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング、元ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤン、レスターのフランス代表DFウェズレイ・フォファナ獲得を狙っているとのこと。チームを率いるトーマス・トゥヘル監督も、特にFWとセンターバックの補強を優先事項としており、それらのポジションの強化に動くようだ。

 まず、F・デ・ヨングについては7月の時点でバルセロナとマンチェスター・ユナイテッドが移籍金7200万ポンド(約115億円)でクラブ間合意している。しかし、選手自身は1700万ポンド(約27億円)の給与の支払いが延滞されており、それが支払われない限り退団することは無いと伝えられている。F・デ・ヨング自身はバルセロナ残留を望んでいるとも伝えられているものの、それに関しては大幅な給与カット+延期分の給与600万ポンド(約10億円)の支払いで和解に同意した場合に限られると報じられている。

 なお、チェルシーとしては、今シーズンのマンチェスター・Uに無いチャンピオンズリーグ(CL)出場権というアドバンテージがあり、同クラブと合意した金額の移籍金を支払う用意も出来ていると伝えられている。

 続いてオーバメヤンに関しては、トゥヘル監督が獲得を熱望しているとのこと。ドルトムントで過ごした1シーズン半(2015年から2017年)で79ゴールを決めたFWとの再会を目論んでいるようだ。

 そしてフォファナについては、3度目のオファーを提示する準備が整ったとのこと。レスターに売却の意思は無いが、8000万ポンド(約128億円)のオファーを断ることは難しいだろうとし、チェルシー側も合意に自信を見せていると報じられている。

 イングランド代表FWラヒーム・スターリング、スペイン代表DFマルク・ククレジャ、セネガル代表DFカリドゥ・クリバリ、U-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカを既に確保するなど、これまでの遅れを取り戻す勢いで大型補強に動くチェルシー。デ・ヨング、オーバメヤン、フォファナも後に続くのか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO