FOLLOW US

ウェストハムが関心も…ウォード・プラウズ、今夏はサウサンプトンに残留か

ウォード・プラウズはセインツ残留か [写真]=Getty Images

 サウサンプトンに所属するイングランド代表MFジェームズ・ウォード・プラウズは、今夏の移籍市場でクラブに留まる可能性が高いようだ。29日にイギリスメディア『トークスポーツ』が報じた。

 現在27歳のウォード・プラウズは、2003年に8歳でサウサンプトンの下部組織に加入。2011年10月に16歳でトップチームデビューを果たした。以降、サウサンプトン一筋でプレーしており、公式戦通算362試合に出場して44ゴール48アシストを記録している。

 ウォード・プラウズの獲得にはウェストハムが強い関心を示し、移籍金2500万ポンド(約41億円)を用意していた模様。しかし、今夏の移籍市場で同選手が移籍する可能性は低いと『トークスポーツ』は伝えている。先日には、サウサンプトンが移籍金を7500万ポンド(約124億円)に設定しているとも報じられていた。

 なお、29日にはサウサンプトンが新たなホームユニフォームを発表しており、ウォード・プラウズはモデルを務めていた。

 サウサンプトンのキャプテンはプレースキックの名手としても知られており、プレミアリーグで通算14本の直接フリーキックを決めている。トップに立つのは、マンチェスター・Uで活躍した元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏で18本。果たして、来季『セント・メリーズ・スタジアム』で偉大な記録を塗り替えることになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO