FOLLOW US

トッテナムが3季ぶりCL出場! ソンはアジア人初の得点王! アーセナルは大勝も5位でELへ

ソン・フンミンがアジア人初の快挙! [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ最終節が22日に行われ、トッテナムが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得した。

 トッテナムは第36節終了時点でアーセナルと勝ち点差「4」の5位だったものの、12日に行われた第22節延期分でアーセナルを撃破。トッテナムは15日に行われた第37節でバーンリーを下すと、アーセナルはニューカッスルにも敗れて連敗を喫した。トッテナムは4位に浮上し、アーセナルとの勝ち点差「2」で最終節を迎えた。

 トッテナムは、すでに降格が決まっているノリッジと敵地で対戦。16分、浮き球パスに抜け出したロドリゴ・ベンタンクールが折り返し、デヤン・クルゼフスキが押し込んで先制する。32分には相手GKのミスパスを奪ったベンタンクールのクロスをハリー・ケインが頭で押し込んでリードを広げる。

 トッテナムは64分、クルゼフスキがカットインからゴール左上に突き刺し3点目を獲得。さらに70分、ケインの縦パスをルーカス・モウラがワンタッチで落とすと、反応したソン・フンミンがゴール右下に流し込む。そして75分、フリーキックのこぼれ球を回収したソンが強烈なミドルシュートを突き刺した。トッテナムは5-0の快勝で4位フィニッシュを果たし、2019-20シーズン以来となるチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。また、ソンはモハメド・サラー(リヴァプール)と23ゴールで並び、アジア人初の得点王となった。

 なお、アーセナルはすでに残留を決めていたエヴァートンとホームで対戦。27分にガブリエウ・マルティネッリがPKで先制点を挙げ、31分にはコーナーキックの流れからエディ・エンケティアがリードを広げる。

 アーセナルは前半終了間際に1点を返されるが、56分にセドリック・ソアレスがCKに合わせて強烈な一撃を突き刺すと、59分にはマルティネッリが再びネットを揺らして3点差とする。82分にはマルティン・ウーデゴーアがトドメの5点目を獲得し、5-1で勝利した。アーセナルは5位でシーズンを終えて、来季はヨーロッパリーグ(EL)に出場する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO