FOLLOW US

リーズやモナコが南野拓実の獲得を打診も…リヴァプールが拒否か

リヴァプールに所属する南野 [写真]=Getty Images

 リヴァプールが、同クラブに所属する日本代表MF南野拓実へのオファーを拒否したようだ。27日、イギリスメディア『BBC』や同『スカイスポーツ』などが伝えている。

 現在27歳の南野は2020年1月にザルツブルクからリヴァプールに加入したが、定期的に出場機会を得ることはなかなかできず。昨年冬にはサウサンプトンへの期限付き移籍も経験。リヴァプールに復帰した今シーズンはここまで公式戦18試合の出場で6ゴール1アシストを記録しているものの、リーグ戦でのスタメン出場はここまでゼロとなっている。

 そんな南野に対し、同じプレミアリーグのリーズと、リーグ・アンのモナコが獲得に向けてリヴァプールに打診をしたようだ。しかし、報道によると、リヴァプールはこれらのクラブからの最初の打診を拒否したことが伝えられている。

 なお、『スカイスポーツ』のカヴェ・ソルヘコル氏によると、「リヴァプールは真剣なオファーがない限り、南野を手放すことはない」模様で、現在の南野の状況について次のように語った。

「南野は定期的な出場機会がない選手で、今シーズンはわずか6試合にしか先発出場していなく、そのうちの4試合がカラバオ・カップだ。しかし、リヴァプールはまだ4つの大会を戦っているので、重要なオファーがない限り、彼を手放したくないと考えている。彼らは移籍市場では常に堅実で、彼らは売却する選手からも常に良い金額を得ている。そして、彼らは自分たちが評価している南野の価値に固執している」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO