FOLLOW US

チェルシーOBがツィエクの得点後の姿勢に苦言「他の選手としてもいい気はしない」

セレブレーションを見せなかったツィエク [写真]=Getty Images

 チェルシーOBで現在は解説を務めるジョー・コール氏が、MFハキム・ツィエクの姿勢に苦言を呈している。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 チェルシーは18日、プレミアリーグ第24節でブライトンと対戦。試合はツィエクのゴールでチェルシーが先制したが、ブライトンが後半に追いつき1-1に終わっていた。

 先制点を挙げたツィエクだったが、点を決めた際にセレブレーションは行わず、選手らと称えあうだけにとどまり、チーム内の不和やツィエクがフラストレーションをためているなどと報じられていた。

 チェルシーを率いるトーマス・トゥヘル監督は試合後「ゴールのリアクションからも、私たちが疲れているのがわかると思う。ゴールが決まってホッとしているけれど、それでもエネルギーをセーブしているから、純粋な喜びを表せないんだ。それがチームの現状だよ」と不和を否定し疲労感からセーブしていたとコメントしていた。

 ジョー・コール氏は問題のシーンを振り返り次のようにコメント。ツィエクの状況を思いやりつつも士気に関わると諭している。

「このためにプレーするようなものだからね。彼は素晴らしい才能の持ち主だがオランダのリーグとプレミアリーグの違いもあってまだ完全に発揮できてはいない。でもセレブレーションしないのは…(ほかの)選手としてもいい気はしないよね」

「もし彼と私が同じチームだったら『カモン!』っていうと思うよ。プレーできていないときの選手は幸せではない。でもベンチから出て(ピッチに立ち)点を決めればエネルギーは解放されるんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO