FOLLOW US

ニューカッスルが今冬2人目の補強! バーンリーからNZ代表ウッドを獲得

クリス・ウッドがニューカッスルに加入 [写真]=Newcastle United via Getty Images

 ニューカッスルは13日、バーンリーからニュージーランド代表FWクリス・ウッドを完全移籍で獲得したと発表した。契約期間は2024年6月30日までの2年半となり、背番号は「20」に決定した。

 イギリス紙『ガーディアン』などによると、ニューカッスルはウッドの獲得に際し、2500万ポンド(約39億円)の契約解除金をバーンリーに支払う模様だ。昨年10月にサウジアラビアの政府系ファンドによる買収が成立し、世界有数の金満クラブとなったニューカッスルにとっては、アトレティコ・マドリードから獲得したイングランド代表DFキーラン・トリッピアーに続く、今冬2人目の補強となった。

 現在30歳のウッドは1.91メートルの長身ストライカー。2008年に母国のクラブからウェスト・ブロムウィッチの下部組織に加入し、レスターやリーズなどを経て、2017年夏にバーンリーへと完全移籍で加入した。バーンリーでは公式戦通算165試合に出場し、53ゴールを記録した。

 また、2009年にデビューを飾ったニュージーランド代表では60試合の出場で27得点を記録。昨年夏にはオーバーエイジ枠で東京オリンピックに参加し、4試合で2得点を記録した。

 ウッドは加入に際し、ニューカッスルのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「ニューカッスルの選手となることを本当にうれしく思っている。何度か『セント・ジェームズ・パーク』でプレーしたことがあるけど、素晴らしい場所だ。このクラブのユニフォームを着て、素晴らしいサポーターに支えられ、チームメイトと一緒にプレーできることは、とても特別なことだと思う。ピッチに立ち、クラブとエディ・ハウ監督の信頼に報いることが待ち遠しいよ」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO