FOLLOW US

チェルシー、後半3発でダービー制す! トゥヘルの采配的中でトッテナムに完封勝利

トッテナムとチェルシーが対戦した [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第5節が19日に行われ、トッテナムとチェルシーが対戦した。

 同日、両クラブのレジェンドである元イングランド代表FWジミー・グリーヴス氏が81歳で死去。訃報を受け、両チームの選手は喪章をつけてプレーし、キックオフ前には黙祷が捧げられた。

[写真]=Getty Images

 リーグ戦直近3試合は流れの中での攻撃が思うように機能していなかったトッテナムだが、この試合では長短のパスを織り交ぜた連動性のあるパスワークと前線からのハイプレスを展開。対するチェルシーもスペースを活用した攻撃でトッテナムを揺さぶるが、お互いに最後の局面を崩せない。前半は中盤での強度が高いせめぎ合いが続き、試合はスコアレスで折り返す。

 チェルシーのトーマス・トゥヘル監督は、ハーフタイムにメイソン・マウントに代えてエンゴロ・カンテを投入。中央の枚数を増やしたチェルシーは、後半立ち上がりの47分にこの試合最初の決定機を迎える。ハーフウェーライン付近からチアゴ・シウヴァがペナルティエリア左に高精度のロングフィードを供給すると、反応したマルコス・アロンソが左足ダイレクトボレーを放つ。シュートは枠を捉えていたが、相手GKウーゴ・ロリスに防がれた。

 すると49分、チェルシーが先制する。左コーナーキックからM・アロンソがアウトスイングのボールを供給。中央でに飛び込んだT・シウヴァが相手に競り勝ち頭で合わせると、シュートはゴール右下に吸い込まれた。

[写真]=Getty Images

 53分にもチェルシーに決定機。カイ・ハフェルツがペナルティエリアから送ったクロスはファーサイドに流れるが、セサル・アスピリクエタがダイレクトで再び折り返す。このボールにM・アロンソが合わせたが、ゴールライン上で相手DFエリック・ダイアーにブロックされてネットを揺らせない。

 自分たちの流れが続くチェルシーは、58分にリードを広げる。ペナルティエリア手前からカンテが右足を振り抜くと、シュートは相手DFダイアーに当たってコースが変化。ボールは左のポストにも当たってゴールに吸い込まれた。カンテのプレミアリーグでの得点は、2019年11月23日のマンチェスター・C戦以来となった。

[写真]=Getty Images

 トッテナムは63分、ソン・フンミンとのワンツーパスでペナルティエリア手前に侵入したハリー・ケインが右足を振り抜くが、シュートは相手GKケパ・アリサバラガの正面。トッテナムはチェルシーの圧力を受けて徐々に敵陣へと運ぶことができなくなり、ファイナルサードでの時間をほとんど作れなくなる。

 トッテナムにトドメを刺す1点が欲しいチェルシーは81分、ペナルティエリアに押し込み混戦のなかでティモ・ヴェルナーやM・アロンソがシュートを放つが、相手の粘り強い守備に阻まれる。86分には左サイドからアントニオ・リュディガーが右足でゴールに向かうクロスを供給。ロメル・ルカクが頭で合わせたが、これは相手GKロリスに正面でキャッチされる。

 後半アディショナルタイム2分、チェルシーが待望の追加点を獲得する。コーナーキックの2次攻撃から、ペナルティエリア右のヴェルナーがグラウンダーでマイナス方向に折り返す。反応したリュディガーはダイレクトでゴールに流し込んだ。

 試合はこのまま終了し、トッテナムは2連敗で3勝2敗となった。チェルシーは今季4度目の完封勝利を収め、2連勝で4勝1分となった。次節はカラバオ・カップ3回戦を挟んで行われ、トッテナムはは26日にアウェイでアーセナルと、チェルシーは25日にホームでマンチェスター・Cと対戦する。

【スコア】
トッテナム 0-3 チェルシー

【得点者】
0-1 49分 チアゴ・シウヴァ(チェルシー)
0-2 58分 エンゴロ・カンテ(チェルシー)
0-3 90+2分 アントニオ・リュディガー(チェルシー)

【スターティングメンバー】
トッテナム(4-3-2-1)
ロリス;エメルソン、ロメロ(83分 D・サンチェス)、ダイアー、レギロン;ホイビュルク、デレ・アリ、エンドンベレ(62分 スキップ);ロ・チェルソ(62分 B・ヒル)、ケイン;ソン

チェルシー(3-4-2-1)
ケパ;クリステンセン、T・シウヴァ、リュディガー;アスピリクエタ、ジョルジーニョ、コヴァチッチ、M・アロンソ;ハフェルツ(70分 ヴェルナー)、マウント(46分 カンテ);ルカク


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO