FOLLOW US

マンUが今夏のポグバ退団を容認か…移籍先の最有力は積極補強のPSG

マンチェスター・Uに所属するポグバ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uは今夏、フランス代表MFポール・ポグバの移籍を認める可能性があるようだ。26日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

 2022年夏に契約満了を迎えるポグバとの新契約締結を目論むマンチェスター・Uだが、その交渉は難航している模様。そしてこれまでオーレ・グンナー・スールシャール監督をはじめとして同選手の放出を頑なに拒んでいた“赤い悪魔”だが、今回の報道によると、今後移籍交渉に応じる可能性があるようだ。マンチェスター・Uの提示額は6000万ユーロ(約77億円)と見られており、それに見合う正式オファーが届けば、ポグバの移籍を容認する選択肢が浮上するという。

 今夏、同選手に対して興味を寄せているのは、DFセルヒオ・ラモスやMFジョルジニオ・ワイナルドゥム、GKジャンルイジ・ドンナルンマなど積極的な補強を敢行しているパリ・サンジェルマン(PSG)。同クラブの理事会はマウリシオ・ポチェッティーノ監督が率いる新たなシーズンに向け、ポグバを迎え入れる望みを捨てていないようだ。

 来夏のフリーでの移籍か、今夏の移籍金を伴う移籍か。はたまた、マンチェスター・Uと契約を延長するのか。いずれにせよポグバの去就から、目が離せない夏になりそうだ。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO