FOLLOW US

難航するトッテナムの監督人事…上層部は情報の“リーク”にイライラ?

トッテナムのレヴィ会長 [写真]=Getty Images

 新監督の招へいに苦戦しているトッテナムが情報の“リーク”に不満を持っているようだ。イギリス紙『イブニングスタンダード』が伝えている。

 トッテナムは今年4月にジョゼ・モウリーニョ前監督を解任。2020-21シーズン終了まではライアン・メイソン氏が暫定で指揮を執っていたが、シーズンオフに突入し新監督を探している。

 同クラブの新指揮官を巡っては、2014年夏から2019年11月までチームを率いたマウリシオ・ポチェッティーノ元監督(現パリ・サンジェルマン)の復帰や、今季までインテルを率いていたアントニオ・コンテ氏、今季までローマを指揮していたパウロ・フォンセカ氏の就任なども噂されていたが合意に至らず。今季までナポリを指揮し2021-22シーズンからフィオレンティーナの監督に就任する予定だったが、補強方針をめぐってクラブの上層部と対立し取り消しとなったジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の招へいなども報じられていたがこちらも合意には至っていない。

 アヤックスのエリック・テン・ハーグ監督や、ドイツ代表指揮官が内定したハンジ・フリック監督など多くの名前が挙がっていたが、交渉は難航しておりモウリーニョ監督の解任から2カ月が経とうとするも正式に決定していない。トッテナムの上層部はターゲットが早くから公になってしまったことにフラストレーションを抱いており、これが状況を困難にしていると考えているようだ。

 ダニエル・レヴィ会長は、クラブメディアに「ファンの間で30もの名前が挙がっていることは興味深いね。我々のオファーを断ったと言われている人の中には、話をしたこともない人もいるんだ」と不快感をあらわにしていた。

 混迷を極めるトッテナムの監督人事。スポーツディレクターにユヴェントスを退団したファビオ・パラティチ氏を据えた同クラブの動向に注目が集まっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO