FOLLOW US

トッテナムで2012年以来のハット達成…ベイル「正しい方向に進んでいる」

2021.05.03

シェフィールド・U戦でハットトリックを達成したベイル [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するウェールズ代表FWギャレス・ベイルが、ハットトリックを達成した喜びを語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第34節が2日に行われ、トッテナムはホームでシェフィールド・Uと対戦。36分にベイルのゴールで先制すると、61分と69分にもベイルが追加点を挙げハットトリックを達成。その後、77分にはソン・フンミンもゴールを奪い、4-0で快勝した。

 ベイルにとってはキャリア通算7度目のハットトリックで、トッテナムでは2012年12月に行われたアストン・ヴィラ戦以来、3度目のハットトリックとなった。試合後同選手は、「ハットトリックを達成してボールを貰えることはいつでも良いことだね」とハットトリックを喜びつつ、次のように試合を振り返った。

「(トッテナムでの)最後のハットトリックは覚えているよ。確か、アウェイでの(アストン・)ヴィラ戦だったと思う。だいぶ前のことだが、ハットトリックを記録することは素晴らしいことだ。それでも、もっと重要なことはチームが勝ち点3を獲得したことだ。全員が素晴らしいパフォーマンスだった。特にセルジュ(・オーリエ)が素晴らしかったね。彼には3アシストをすればボールが貰えるかもねと言っていた」

「勝利すれば、みんな嬉しいし、控え室には勝利のメンタリティがあふれる。一夜にして起きることはないが、正しい方向へと進んでいるとは思うよ。チャンスが来たらそれを掴まなければならないのは明らかだ。ありがたいことに今夜はそれが数回あった。気分はいいよ。前に言ったように、僕は試合に出場する必要があった。それがある今はとても嬉しいし、そして満足している時はいいプレーをすることができる」

「チームは素晴らしいパフォーマンスだった。最初の笛が鳴った時から試合を支配して、いいサッカーをしていたと思う。僕たちは正しい方向へと進んでいて、よりトッテナムらしくプレーし始めているように感じている」

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO