FOLLOW US

再負傷のグバミン、手術は回避も今季絶望…アンチェロッティ監督が示唆

エヴァートンに所属するグバミン [写真]=Getty Images

 エヴァートンに所属するコートジボワール代表MFジャン・フィリップ・グバミンの今シーズンは、終了してしまったようだ。14日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 5日のプレミアリーグ第30節クリスタル・パレス戦に途中出場し、アキレス腱とハムストリングの負傷から約20ヶ月ぶりとなる公式戦のピッチに戻ってきたグバミン。しかし12日の第31節ブライトン戦を前に再び負傷し同試合ではメンバー外となり、その後の検査の結果、内側側副靭帯の損傷が判明した。

 今回グバミンは手術の必要性はないと診断されたようだが、エヴァートンのカルロ・アンチェロッティ監督は同選手が今シーズン中に再びプレーすることはないと述べた。同選手は今後、クラブの施設で医療スタッフと共にリハビリに取り組む予定だという。

 2019年にマインツから加入したグバミンだが、昨シーズンのプレミアリーグの出場数は2試合。今シーズンはわずか11分の出場で、再び戦列を離れることになってしまった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO