FOLLOW US

ジャカがまたもゴール献上…失点に直結するミスはこれでプレミア最多の「8」度目に

またもミスからゴールを献上したジャカ [写真]=Getty Images

 アーセナルのスイス代表MFグラニト・ジャカは、ここ5シーズンのプレミアリーグで最も多くの失点に直結するミスを犯しているようだ。6日、データサイト『オプタ』が伝えている。

 アーセナルは6日、プレミアリーグ第27節でバーンリーと対戦。アウェイでのゲームは、立ち上がりにアーセナルが幸先よく先制を果たした。しかし39分、自陣エリア内でGKベルント・レノからボールを受けたジャカが展開しようとすると、右足のパスはゴール前のFWクリス・ウッドに当たってそのままゴールイン。その失点が重く響き、試合は結局1-1のドローに終わることとなった。

 データサイト『オプタ』によると、ジャカがプレミアリーグの試合で失点に直結するミスを犯すのは、これでなんと8回目になるという。これは、ジャカがアーセナルに加入した2016-17シーズン以降、プレミアリーグのフィールドプレーヤーのなかでは最多となっている模様で、その“悪癖”がまたもチームの結果に影響を及ぼすこととなってしまった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO