FOLLOW US

ウェストハムやニューカッスルを率いた65歳のG・ローダー氏が逝去…

グレン・ローダー氏が逝去 [写真]=Getty Images

 かつてニューカッスルやウェストハムを指揮したグレン・ローダー氏が脳腫瘍により逝去した。享年65。イギリスメディア『BBC』などが伝えている。

 ジリンガムで指導者としてのキャリアをスタートさせたローダー氏は、1993年からワトフォードを指揮。その後2001年にウェストハムの監督に就任し、マイケル・キャリックやジョー・コール(ともに元イングランド代表MF)らを指導した。その後脳腫瘍と診断されたこともあって2003年に職を一時離れた。2006年には現役時代にも在籍したニューカッスルの監督に就任。その後ノリッジでの指揮を経て、下部リーグのクラブの経営顧問を務めた。

 監督としても選手としても在籍したクラブであるニューカッスルは「元選手で監督のグレン・ローダーが65歳で亡くなったことを知り、私たちは深く悲しんでいます。ニューカッスルの全員は彼の友人や家族とともにあります。グレン、安らかにお眠りください」との声明を発表した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO