FOLLOW US

「典型的なタキ」…サウサンプトン指揮官、南野のゴールを高く評価

南野拓実はチェルシー戦で貴重な先制弾をマーク [写真]=Getty Images

 サウサンプトンを率いるラルフ・ハーゼンヒュットル監督が、同クラブ加入後2ゴール目を挙げた日本代表FW南野拓実についてコメントした。地元メディア『デイリー・エコー』が伝えている。

 プレミアリーグ第25節が20日に行われ、サウサンプトンはホームにチェルシーを迎えた。南野は3試合連続のスタメン出場。強豪相手に押し込まれる時間帯が続き、なかなかチャンスをつくり出せなかったものの、スコアレスで迎えた33分に輝きを放つ。イングランド人MFネイサン・レドモンドからのスルーパスから相手の背後に抜け出した南野は、キックフェイントで相手DFとGKの体制を崩し、右足のアウトサイドで冷静にネットを揺らした。最終的に試合は1-1のドローで終わったものの、南野はチームの連敗ストップに大きく貢献していた。

 試合後、ハーゼンヒュットル監督は先制点をマークした南野に対して「ボールを持っている時の彼は素晴らしいよ。彼は良い動きを繰り返すことができるし、ボックス付近で素晴らしいフィニッシュもできる。良い判断力も持ち合わせている」と称賛の言葉を送った。「オフ・ザ・ボールの部分ではまだまだ改善しなければならない。学ぶことも多い」と課題を口にしつつも、「時間はかかると思うが、彼は意欲的に取り組んでいくれている」とコメント。「今日は上手く試合に入れていない印象だったが、ゴールはタキらしい典型的なものだったよ」と話し、ゴールシーン評価した。

 冬の移籍市場でサウサンプトンに加入してから、南野はプレミアリーグ3試合の出場で2ゴールを挙げている。次戦は23日に行われ、敵地でリーズと対戦する予定だ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO