FOLLOW US

名将ヴェンゲル氏も南野拓実を称賛! チェルシー戦での冷静沈着なゴールに「アーティスト」

アーセン・ヴェンゲル氏が南野拓実を称賛 [写真]=Getty Images

 元アーセナル監督のアーセン・ヴェンゲル氏が、サウサンプトン加入後2点目を挙げたMF南野拓実を称賛した。20日、イギリス紙『Liverpool Echo』が伝えた。

 今冬にリヴァプールから半年間の期限付き移籍でサウサンプトンに加入した南野は、20日のプレミアリーグ第25節チェルシー戦で3試合連続の先発出場。スコアレスで迎えた33分、ネイサン・レドモンドのスルーパスを上手く収めてゴール前に侵入すると、シュートモーションで寄せてきた相手DFと相手GKの体勢を崩し、最後は右足のアウトサイドを使って冷静に流し込んだ。

 南野の2試合ぶりとなるゴールで先制したサウサンプトンは、54分にPKを決められて追いつかれた。それでも、上位のチェルシーを相手に1-1の価値あるドローで勝ち点「1」を獲得し、リーグ戦での連敗を「6」で止めた。

 かつて名古屋グランパスを率いるなど、日本とも縁が深い人物として知られるヴェンゲル氏は、カタールメディア『beIN Sports』で南野のゴールを称賛。チェルシーの守備にも問題があったことを指摘しつつ、南野が見せたゴール前での冷静さを次のように称えた。

「あのゴールはとても私好みだ。レドモンドからのスルーパスは一級品だったからね。非常に興味深いのは、南野が頭を上げて『相手GKがどこにいるのか』を確認する回数だ。彼は明らかに、2度はGKを確認していた。大きなプレッシャーにさらされていたなか、冷静を保っていた。彼の心の中には“芸術家”が住んでいる」

「一方で、私はチェルシーのひどい守備もある種のアートだったと言わざるをえない。(クル・)ズマは見るからに(ボールが来てから)体の向きを変えており、彼と(セサル・)アスピリクエタの間にはスペースが生まれている。リース・ジェームズはいるべき場所にいないし、アスピリクエタとはもっと距離が離れていなければならない。(チェルシーの守備には)コミュニケーションも“情報の吸収”もなかったが、それでも南野の動きは並外れていた」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO