FOLLOW US

「経験と自信を手にする」…英誌が分析! サウサンプトン南野が活躍できる理由とは?

サウサンプトンでのデビューが待たれる南野 [写真]=Getty Images

 2日、イギリス誌『Four Four Two』が「新しいクラブで実力を証明しうる5選手」を特集。1日に、リヴァプールからサウサンプトンへのローン移籍が発表された日本代表FW南野拓実が選出された。

 南野は、イングランド代表MFエインズリー・メイトランド・ナイルズ(アーセナルウェスト・ブロムウィッチ)、ナイジェリア代表FWジョシュ・マジャ(ボルドーフルアム)、ノルウェー代表FWジョシュア・キング(ボーンマスエヴァートン)、イングランド人MFジョー・ウィロック(アーセナルニューカッスル)とともに、新天地での活躍が期待される5選手に選出された。

『Four Four Two』は、南野の移籍を「勇敢な決断」と形容。新天地での活躍が期待できる理由として、サウサンプトンのラルフ・ハーゼンヒュットル監督がリヴァプールのユルゲン・クロップ監督と似通ったスタイルのサッカーを志向していることを挙げている。

「こういった条件は、南野のプレースタイルを犠牲にすることなく、プレミアリーグにおける経験と自信を手にするための最良のプラットフォームとなるはずだ。アイルランド代表FWシェーン・ロングをボーンマスにローン移籍させるというハーゼンヒュットル監督の決定は、南野にとって『セント・メリーズ・スタジアム』での競争相手が少なくなることを意味している」

 2日に行われたプレミアリーグ第22節マンチェスター・U戦では、登録が間に合わなかったことで南野の出場はなかった。南野の“セインツ(サウサンプトンの愛称)”デビューに、注目が集まっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO