FOLLOW US

リヴァプールDFマティプが負傷交代…指揮官「明らかに良い状態ではない」

ウェスト・ブロムウィッチ戦で負傷退場したジョエル・マティプ [写真]=Getty Images

 リヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督がカメルーン代表DFジョエル・マティプの負傷状況について言及した。27日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 リヴァプールは27日、プレミアリーグ第15節でウェスト・ブロムウィッチ(WBA)とホームで対戦。マティプはこの試合に2試合連続となる先発出場を果たし、12分にセネガル代表FWサディオ・マネの得点をアシストした。しかし58分、股関節を痛めてピッチに倒れこむと、60分にU-21イングランド代表DFリース・ウィリアムズとの交代でピッチを退いた。

 リヴァプールの守備陣は現在、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイク、イングランド代表DFジョー・ゴメスが負傷離脱しており、手薄な状態となっている。マティプの負傷の程度は現時点で不明だが、過密日程のなか戦線離脱となればリヴァプールにとってはさらなる痛手だ。クロップ監督は試合後、マティプの負傷について以下のようにコメントした。

「ジョエルは内転筋に違和感を感じたと言っていたが、それは明らかに良い状態ではない。今の時点でどのくらい深刻なのかはわからないが、ピッチを離れざるを得ないほどに深刻だった。詳しい情報は明日になればわかるだろう。センターバックがケガをするのは初めてのことではない。でも、それを変えることはできないし、受け入れて進むしかない」

 リヴァプールは次節、30日にアウェイでニューカッスルと対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO