FOLLOW US

頭突きで一発退場のペペが謝罪「チームを失望させてしまった」

リーズ戦で一発退場となったペペ [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するコートジボワール代表FWニコラ・ペペが、リーズ戦で一発退場となったことを謝罪した。

 プレミアリーグ第9節が22日に行われ、アーセナルはリーズと対戦。スコアレスで迎えた51分、ペペがプレーと関係のないところでエズジャン・アリオスキに頭突きをしたとして、VARによる確認の結果レッドカードが提示され一発退場となった。10人となったアーセナルは猛攻を受けたものの、何度かクロスバーやポストに救われたこともあり、0-0で試合を終えた。

 試合後、ミケル・アルテタ監督は退場となったペペのプレーについて「容認できない」と話すなど、同選手の行動には多くの批判の声が上がっている。

 そんな中、ペペは自身の公式インスタグラムを更新。「昨日、僕は試合の重要な時間にチームを失望させてしまった。僕の行動には言い訳のしようがない。深く反省している。そして、ファンやチームメイト、監督、クラブのすべての関係者に謝罪したいと思う」と謝罪した。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA