FOLLOW US

マンUの23歳GKヘンダーソン、出場機会求め1月のレンタル移籍を希望か

出場機会が得られていないディーン・ヘンダーソン [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表GKディーン・ヘンダーソンは今冬、レンタル移籍をすることになるかもしれない。22日、イギリス紙『ザ・サン』が報じている。

 現在23歳のヘンダーソンはマンチェスター・Uの下部組織出身。シュルーズベリー・タウンやシェフィールド・Uへの期限付き移籍を経て、今夏にマンチェスター・Uに復帰すると、5年間の長期契約を結んだ。今月12日には国際親善試合のアイルランド戦でイングランド代表デビューを飾り、45分間プレー。将来を期待される若手GKの一人だ。

 しかしマンチェスター・U加入以降、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアの壁に阻まれ、今季ここまでチャンピオンズリーグ(CL)1試合とカラバオ・カップ2試合の出場にとどまっている。『ザ・サン』によると、ヘンダーソンは現在の出場機会に満足しておらず、2021年1月でのレンタル移籍を希望しているとのことだ。また、ユーロ2020を戦うイングランド代表としてのポジションを確保するため、より多くの出場機会が必要だと考えているという。

 レンタル先の候補としてはリーズとブライトンが挙がっているという。また、チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスもヘンダーソン獲得に関心を示しているようだ。しかし、ヘンダーソンはプレミアリーグでの出場を希望しているという。マンチェスター・Uとしてはデ・ヘアのバックアップとしてGKを確保したいところだが、アルゼンチン人GKセルヒオ・ロメロも移籍を希望しているとされ、交渉は難しくなるとみられている。

 

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA