FOLLOW US

A・テレスが新型コロナ陽性に…マンU指揮官が明かす「しばらく離脱する」

マンチェスター・Uに所属するA・テレス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ブラジル代表DFアレックス・テレスが新型コロナウイルス陽性となったことを明かした。28日、クラブ公式サイトが伝えている。

 マンチェスター・Uは28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節でライプツィヒと対戦し、途中出場のマーカス・ラッシュフォードがハットトリックを達成するなど、5-0で快勝。CL2連勝を飾った。

 試合後、スールシャール監督は24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦に続いて2試合連続でベンチ外となったA・テレスは、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを明かした。

「テレスはコロナウイルスの検査で陽性となったので、この先しばらくは離脱することになった。それでも症状はないみたいで、元気にはしている。復帰が待ち遠しいよ」

 攻撃的な左サイドバックのA・テレスは、2014年1月に母国ブラジルのグレミオからガラタサライに移籍して欧州初上陸。2015-16シーズンはインテルにレンタルで加入し、2016年夏にガラタサライからポルトに移籍した。昨季は公式戦49試合に出場して13ゴール12アシストを記録。今季は公式戦3試合に出場し、2得点2アシストをマークしていたが、10月5日にマンチェスター・Uへの移籍が発表された。20日に行われたCLグループステージ第1節のパリ・サンジェルマン戦で新天地デビューを果たしたが、新型コロナウイルス陽性となったことでしばらく戦列を離れることになった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA