FOLLOW US

アンチェロッティ監督、敗戦も今季の偉業を評価「肩を落とす必要はない」

今季初黒星も前を向くカルロ・アンチェロッティ監督 [写真]=Getty Images

 エヴァートンを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が、今季初黒星を喫したサウサンプトン戦後に試合を振り返っている。25日、エヴァートンのクラブ公式サイトが伝えている。

 エヴァートンは25日、プレミアリーグ第6節でサウサンプトンとアウェイで対戦し、0-2で敗れた。エヴァートンは27分にイングランド代表MFジェームズ・ウォード・プラウズ、35分にチェ・アダムズに得点を奪われると、72分にはフランス代表DFリュカ・ディニュが一発レッドカードで退場し、完封負けとなった。

 しかし、アンチェロッティ監督は敗戦を悔やみながらも、「今シーズンは本当によくやっている」と前向きな姿勢は崩さない。同監督は今回の敗戦がチームの精神と信念を強くすると考えており、「我々はまだ首位をキープしている。これは我々にとって信じられないほどの偉業だし、ここに留まるように頑張らなければならない。我々は肩を落とす必要はない」とコメントしている。

 また、ディニュが退場処分を受けたことについては、「故意ではなかった。イエローカードになる可能性もあったし、間違いなく暴力的なプレーではなかった。我々は抗議するつもりだ」と話している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA