FOLLOW US

キャラガー氏、V・ダイク離脱を強いられた古巣に提言「ウパメカノを獲得すべき」

負傷しベンチに下がるファン・ダイク [写真]=Getty Images

 解説者のジェイミー・キャラガー氏が、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクの負傷交代を強いられたリヴァプールについて語った。20日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 V・ダイクは17日に行われたプレミアリーグ第5節のエヴァートン戦に先発出場したが、試合開始6分に相手GKと交錯し右ひざを痛めて途中交代。試合後には右ひざの靭帯を損傷と手術が必要であることも明らかになっていた。

 チームの大黒柱の戦線離脱を強いられた“古巣”に対し、キャラガー氏は新戦力の獲得を勧めているようだ。以下のように語った。

リヴァプールの次のビッグサインはセンターバックでならなければならなかった。デヤン・ロヴレンがチームを去ってから、彼の代わりに選手を取っていなかった。だから3人のセンターバックしかいない状況だ。そのうちの1人、ジョエル・マティプは怪我が多い」

「だからリヴァプールは、次の夏の移籍プランを前倒しして1月1日に選手を補強する必要がある。1月の終わりではない。少しでも時間を無駄にしてはいけないだろう」

「ライプツィヒにダヨ・ウパメカノという若者がいる。彼がV・ダイクのような能力を持っているかどうかは別として、リヴァプールは彼を獲得すべきだ。余計なお金を押さえて、1月1日に獲得すべきだ」

 長期離脱が確実視されるV・ダイクだが、今後リヴァプールはどのような措置を施すのだろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA