FOLLOW US

クロップ監督、トラオレの動向を継続して注視…1月に獲得実現なるか

リヴァプールはトラオレの獲得を希望している [写真]=Getty Images

 リヴァプールウルヴァーハンプトンに所属するスペイン代表MFアダマ・トラオレの獲得に関心を示している。16日にイギリス紙『サン』が報じた。

 トラオレは今夏の移籍市場でウルヴァーハンプトンを離れ、ステップアップを果たす可能性が濃厚となっていた。中でもリヴァプールを率いるユルゲン・クロップ監督が同選手を高評価しており、交渉も行っていたという。

 しかし、リヴァプールは他のポジションの補強を優先し、経済的理由からトラオレの獲得を断念。もう1年間ウルヴァーハンプトンに残留することとなった同選手だが、クロップ監督は継続してトラオレの動向を注視しており、1月の移籍市場で再び獲得に向けて動くという。

 同監督はトラオレのスピード感あふれるドリブル力に惚れ込み、いまだに獲得を熱望しているようだ。同選手自身もステップアップに魅力を感じていたことから、今冬でのリヴァプール加入は実現性が高いに違いない。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA