FOLLOW US

トッテナムがPK戦制しリーグ杯8強入り…チェルシーはヴェルナーが移籍後初弾も敗退

トッテナムがPK戦の末にチェルシーを撃破 [写真]=Getty Images

 カラバオ・カップ4回戦が29日に行われ、トッテナムとチェルシーが対戦した。

 ホームのトッテナムは不戦勝により4回戦に進出。3回戦は対戦相手のレイトン・オリエント(4部)に多数の新型コロナウイルス感染者が出たため没収試合となっていた。一方、アウェイのチェルシーはバーンズリー(2部)に6-0の大勝でベスト16に駒を進めた。

 トッテナムは、新加入のDFセルヒオ・レギロンがスタメン入りで新天地デビュー。チェルシーは新加入のGKエドゥアール・メンディがスタメンに名を連ねて移籍後初出場、同じく新加入のDFベン・チルウェルは移籍後初の先発出場を果たした。

 試合は開始19分に動いた。チェルシーは高い位置でボールを奪うと、セサル・アスピリクエタが右サイドからマイナスに折り返す。これを受けたティモ・ヴェルナーが右足でゴール右隅に蹴りんで先制点を奪取。ヴェルナーの移籍後初ゴールでチェルシーが先にリードを得た。

 トッテナムは35分、エリック・ラメラがエリア右から右足で狙ったが、シュートはGKメンディに阻まれた。ピッチ脇ではトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督と教え子であるチェルシーのフランク・ランパード監督が言い合いをする“師弟対決”も勃発していたが、前半はこのままチェルシーの1点リードで終了した。

 後半に入ってトッテナムが先にチャンスを迎え、50分に右サイドを抜けたセルジュ・オーリエが折り返すと、ファーに流れたボールをレギロンが左足ダイレクトで合わせたが、これもGKメンディの好セーブに阻まれた。

 トッテナムは70分、ジェイフェス・タンガンガを下げてエースのハリー・ケインを投入。チェルシーは73分、ヴェルナーがエリア右でパスを受けて右足を振り抜いたが、シュートはGKウーゴ・ロリスにセーブされた。

 終盤の83分、トッテナムの反撃が実る。レギロンがエリア左に進入すると、切り返しで1人かわしてクロス。これをファーポストで受けたラメラが左足で押し込んで同点ゴールを奪った。試合はこのまま90分が終了し、PK戦に突入。先攻のトッテナムが5人全員成功したのに対し、後攻のチェルシーは5人目が失敗して勝負あり。トッテナムがPK戦を制してベスト8進出を決めた。

 準々決勝の組み合わせ抽選会は10月1日に行われる。

【スコア】
トッテナム 1-1(PK戦:5-4) チェルシー

【得点者】
0-1 19分 ティモ・ヴェルナー(チェルシー)
1-1 83分 エリック・ラメラ(トッテナム)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA