FOLLOW US

出場機会が減少中のリュディガー、今夏にチェルシー退団へ…PSGが興味

PSGはリュディガーの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するドイツ人DFアントニオ・リュディガーは今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)に加入する模様だ。24日にイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 リュディガーは今シーズン、フランク・ランパード監督の元で出場機会の獲得に苦しんでいる。同選手は開幕戦から1度も試合に出場しておらず、過去2試合においてはメンバーから外れており、今夏の移籍市場中に退団を強いられる模様だ。

 同紙によると、PSGがリュディガーの獲得に関心を示しているという。同クラブは守備陣の選手層を強化しようと、複数のセンターバックらの動向を注視しており、中でもリュディガーのスピード感あるディフェンスを評価しているようだ。

 PSGは同選手を1年間のレンタル移籍で獲得することを望んでおり、チェルシーもその契約内容で合意する意向だと伝えられている。果たしてリュディガーはキャリア初のフランスで、再び試合に出場することができるのであろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA