FOLLOW US

トレイラのアトレティコ加入が間近に? 鍵を握るのはエレーラの去就か

アトレティコへの移籍が報じられたトレイラ [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードアーセナルに所属しているウルグアイ代表MFルーカス・トレイラの獲得に近づいてる模様だ。スペインメディア『アス』が23日に報じている。

 以前からアトレティコ・マドリードはトレイラの動向を追っており、今夏に本腰を入れて獲得に動いたようだ。既にトレイラ本人とは条件面で個人合意に至っているものの、獲得を成立させるには選手の売却が必要になるという。クラブはメキシコ代表MFエクトル・エレーラの売却を計画しており、同選手の退団が決定してからトレイラの移籍オペレーションを完了させる見込みだ。買い取りオプション付きのレンタル移籍が濃厚だと報じられている。

 2018年夏にアーセナルへやって来たトレイラは、豊富な運動量を武器に高いパフォーマンスを発揮した。2018-19シーズンはプレミアリーグで34試合に出場し2得点を挙げるなど主力として活躍。翌2019-20シーズンも公式戦通算で39試合に出場し2ゴールをマークしたが、負傷の影響もあってスペイン代表MFダニ・セバージョスとスイス代表MFグラニト・ジャカの牙城を崩せず。シーズン終盤は安定した出場機会を確保できていなかった。

 ミケル・アルテタ監督もトレイラの移籍を認めており、今夏のアーセナル退団は既定路線だと報じられている。イタリア方面からの関心も伝えられていたが、トレイラの新天地は自身初となるリーガ・エスパニョーラの舞台になりそうだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA