FOLLOW US

開幕戦黒星のマンU…指揮官「チームの目を覚まさせる試合になった」

クリスタル・パレス戦を振り返ったスールシャール監督 [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、プレミアリーグ開幕戦を振り返った。クラブ公式サイトが19日にコメントを伝えている。

 マンチェスター・Uは19日、プレミアリーグ第2節(1試合未消化)でクリスタル・パレスとの開幕戦に挑んだ。マンチェスター・Uは試合開始7分に失点すると、74分にPKにより追加点を与えてしまう。80分にはドニー・ファン・デ・ベークのデビュー弾で1点を返すが、85分に再び失点して、マンチェスター・Uは1-3でクリスタル・パレスに敗北した。

 スールシャール監督は試合を振り返り、「とても残念だ。力不足ということがわかった。ゲームタイム、フィットネス、シャープネスという部分で足りていない」と敗因を述べ、「速やかに改善する必要がある。今日の試合での勝ち点『3』は、我々が求めていたもので、必要だったもの」と語った。

「残り37試合あるが、チームの目を覚まさせる試合になった。ただ、ヨーロッパの戦いで勝ち進んだことで直面しないといけない現実でもあった。準備期間が短かったとはいえ、これが現実。言い訳はしない」

 また、デビュー戦で1ゴールを挙げたファン・デ・ベークについても言及。同監督は「彼の姿勢とエネルギーは素晴らしい」と評価した。

「スペースを見つける動き、嗅ぎつける動きができる選手。彼のような動きが必要だ。決して十分ではなかったが、相手陣内にクロスを入れてもボックス内に十分な人数がいなかった。彼は、そういう動きをチームにもたらした」

 マンチェスター・Uは次節、ブライトンとアウェイで対戦する。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA