FOLLOW US

ヴェルナーも見守るなか…チェルシーがウルヴズに完封勝利、CL出場権を獲得!

マウントの先制ゴールを祝福するチェルシーイレブン [写真]=Getty Images

 26日にプレミアリーグ最終節の第38節が行われ、チェルシーウルヴァーハンプトンが対戦した。

 来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保したいチェルシーは、すでにクラブへの加入が決まっているドイツ代表FWティモ・ヴェルナーもスタジアムへと足を運んだなかでこの一戦に臨んだ。

 ホームで先制点が欲しいチェルシーだが、こちらもヨーロッパリーグ(EL)出場権がかかっているウルヴァーハンプトンを相手に、均衡した展開が続く。39分、MFジョルジーニョからパスを受けたMFメイソン・マウントが右からクロスを上げると、中央でFWオリヴィエ・ジルーが頭で合わせるも、これは枠を捉えることができない。

 このままスコアレスで前半が終わるかと思われたロスタイム、チェルシーにゴール前中央でFKのチャンスが訪れる。マウントが右足で蹴ったボールは鋭いカーブを描き、ゴール左に突き刺さった。マウントの鮮やかなキックで、チェルシーが待望の先制点を手にする。

 すると続く45+4分、カウンターからFWクリスティアン・プリシッチがボールを運ぶと、ボールはマウントから裏に抜けたジルーへ。GKを交わすと、ジルーはDFコナー・コーディのカバーリングをものともせず、身体を投げ出して左足で押し込んだ。前半終了間際に、チェルシーがリードを一気に2点に広げることに成功した。

 一方EL出場権獲得に向け負けられないウルヴズは、後半開始からFWアダマ・トラオレを投入して攻撃の活性化を図る。57分には中央をドリブルで突破したFWディオゴ・ジョッタにシュートチャンスが訪れるも、これはGKの正面となり決めることができない。

 59分には、MFジョアン・モウティーニョら3選手を同時に投入してウルヴズはさらに前がかりに。しかしチェルシーは安定した守備で、今季ビッグクラブを苦しめ続けてきたウルヴズ攻撃陣をシャットダウン。中盤から前線にかけてフレッシュな選手を途中起用しながら、最後まで失点を許さなかった。

 試合はこのまま終了。チェルシーは勝ち点を66に伸ばして4位となり、来季のCL出場権を掴んだ。一方のウルヴァーハンプトンは、トッテナムに追い越されて7位に後退し今季をフィニッシュ。EL出場権は、8月1日に行われるFAカップ決勝の結果次第となっている。

【スコア】
チェルシー 2-0 ウルヴァーハンプトン

【得点者】
1-0 45+1分 メイソン・マウント(チェルシー)
2-0 45+4分 オリヴィエ・ジルー(チェルシー)

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA