FOLLOW US

マンチェスター・Cの処分が13日発表…どうなる? UEFAのFFP違反を受けて

マンチェスター・Cの処分が13日に下される [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cのチャンピオンズリーグ(CL)をはじめとする欧州サッカー連盟(UEFA)主催大会の出場可否をめぐる処分について、13日の月曜日に判断が下される。12日にイギリスメディア『BBC』が報じている。

 UEFAは2月に、マンチェスター・Cが2012年から2016年にかけて提出した損益報告書で「ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規則に違反していた」と発表。同クラブに「2020-21、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)などUEFA主催大会への参加禁止」と「3000万ユーロ(約35億7000万円)の罰金」処分を科していた。

 マンチェスター・Cは同月26日にスポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴。そして13日、6月に行われた3日間の控訴審の評決が発表される。10日にはマンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督は容疑が晴らされることに自信を示していた。

 もちろん処分の可能性として一かゼロかではなく、減刑や一部出場停止などの処分となる可能性もある。『BBC』は損益報告書の問題が意図的なものなのか単に技術的なものなのか、そういった点も判断基準になるであろうとしている。

 マンチェスター・Cの処分は契約中の監督や選手の去就だけにとどまらず、他のチームのCL・ヨーロッパリーグ(EL)出場権などにも影響を与える。イングランドでも圧倒的な強さを見せるマンチェスター・Cがどのような処分を受けるのか、注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA