FOLLOW US

リヴァプールOBが補強の必要性を訴える「南野は3トップの一部ではない」

エヴァートン戦に先発出場した南野 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのレジェンドで、現在は解説者として活躍する元イングランド代表DFジェイミー・キャラガー氏が、前線の補強が必要であることを強調した。21日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第30節が21日に行われ、リヴァプールはエヴァートンと対戦。コンディション不良のモハメド・サラーに代わって南野拓実が先発出場を果たしたが、前半のみでアレックス・オックスレイド・チェンバレンと交代に。後半途中からはディヴォック・オリジジョルジニオ・ワイナルドゥムなどを投入し、勝利を目指したが、試合は0-0で終わった。

 スコアレスドローに終わった“マージーサイド・ダービー”にキャラガー氏は、「私はエヴァートンが勝利に値したと思う」とコメント。「リヴァプールが支配していたと言うかもしれないが、どれだけチャンスを作り出せたかが重要だ。エヴァートンはリヴァプールが支配していても何もできないことが分かっていたから、ボールを持たせることを許容していたんだ」と69.9パーセントの支配率を記録したリヴァプールよりも決定的なチャンスを作り出したエヴァートンが勝利に値したと振り返った。

 また、「前線の3人はヨーロッパの誰よりも優れている」とサラーとサディオ・マネロベルト・フィルミーノによる3トップが強力であることを強調した一方で、「その中の誰かが欠けてしまうと大きな問題になってしまう」と前線の補強が必要であるとの見解を明かした。

「マンチェスター・U相手にポイントを落とした時もサラーはいなかった。前線の補強をしなければいけない理由はそこにある。ディヴォック・オリジリヴァプールにとってのレジェンドで、重要な試合で重要な得点を決めてきたが、クオリティーはあまり高くない」

「南野が3トップの一部になるとも私は思わない。前線の3人は強固で多くの試合を欠場するようなことはない。しかし、もしその中の誰かを失うと、特にサイドの2人のどちらかが長期間いないようなことが来シーズン起きてしまうと深刻な問題が発生することになる」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA