FOLLOW US

南野はプレミア初先発も前半のみで交代…首位リヴァプール、ダービー不発でドロー発進

南野拓実が再開初戦でプレミアリーグ初先発 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 プレミアリーグ第30節が21日に行われ、エヴァートンとFW南野拓実が所属するリヴァプールが対戦した。

 南野は再開初戦でプレミアリーグ初先発を飾り、エースのモハメド・サラーの定位置である右ウイングで出場。チームのファーストシュートを放つなど奮闘したが、前半のみで途中交代となった。

 首位を走るリヴァプールと12位のエヴァートンによる“マージーサイド・ダービー”。ホームのエヴァートンが先にチャンスを迎え、4分にリチャーリソンがペナルティエリア左の深い位置へ切り込んで左足シュートを放ったが、わずかに枠の右へ外れた。

 一方のリヴァプールは10分、南野がペナルティエリア前右からミドルシュート。これは枠を捉えなかったが、果敢にチームのファーストシュートを放った。30分には右サイドのFKでトレント・アレクサンダー・アーノルドのクロスをジョエル・マティプが頭で合わせるが、これも枠を捉えられない。

 主導権を握るリヴァプールは34分、右サイドで南野がボールロストしたものの、すぐさま奪い返すと、チームは素早くカウンターを仕掛けて最後はロベルト・フィルミーノがミドルシュートを放ったが、ゴール右に外れた。44分には、サディオ・マネの折り返しを中央の南野が受けて左足を振り抜くが、シュートはDFにブロックされた。

 スコアレスで折り返したリヴァプールは、ハーフタイムに南野を下げてアレックス・オックスレイド・チェンバレンを投入。後半は膠着状態が続いたが、エヴァートンが終盤に決定的なチャンスを迎える。80分、ゴール前のドミニク・カルヴァート・ルーウィンが折り返しをヒールで合わせたが、これはGKアリソンの好セーブ。さらに、こぼれ球をトム・デイヴィスが蹴り込んだが、今度は左ポストに弾き返された。

 試合はスコアレスままタイムアップを迎え、リヴァプールは今シーズンのリーグ戦2度目の無得点で終わり、ドロー発進。エヴァートンは中断期間を挟んで4試合未勝利となった。

 次節、リヴァプールは24日にホームでクリスタル・パレスと、エヴァートンは同日にアウェイでノリッジと対戦する。

【スコア】
エヴァートン 0-0 リヴァプール


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO