FOLLOW US

トッテナムFWケイン、“古巣”の来季胸スポンサーに! 売上の10%は寄付

ケインが英4部の胸スポンサーに [写真]=Getty Images

 レイトン・オリエント(英4部)は14日、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケインと来季の胸スポンサー契約を締結したと発表した。

 現在26歳のケインは、2011年1月から同5月にかけて、トッテナムからレイトン・オリエント(当時3部)へと期限付き移籍。当時17歳のケインはO’s(クラブの愛称)でプロデビューし、3部リーグ・ワンで18試合に出場して5得点を挙げた。

 ケインはその後順調にキャリアを積み重ね、PFAの年間最優秀若手選手賞を始め、2シーズン連続のプレミアリーグ得点王などを獲得。EURO2016や2018 FIFAワールドカップ ロシアでも得点王に輝き、名実ともにイングランドのエースストライカーに成長した。

ハリー・ケイン

17歳のケイン [写真]=Getty Images

 新型コロナウイルス感染拡大の影響でイングランドの下部リーグが経済的な打撃を受けるなか、ケインはプロとしての最初の一歩を踏み出した“古巣”をサポートしたいと考えたようだ。プレミアリーグとイングランドサッカー協会(FA)、フットボール・リーグ(EFL)の承認を得て、ケインとレイトン・オリエントは2020-21シーズンの胸スポンサー契約を締結した。

 ホーム、アウェイ、サードのユニフォームにはそれぞれ異なるスポンサーロゴが入ることになる。ホームには「新型コロナウイルスと最前線で戦うヒーローへの感謝メッセージ」が書かれ、アウェイには病気の子どもとその家族を支援する『Haven House Children’s Hospice』のロゴが、サードにはメンタルヘルスのチャリティー団体『Mind』のロゴが入る。また、『Haven House Children’s Hospice』と『Mind』のゲストは、本拠地『ブリズベーン・ロード』で行われるレイトン・オリエントの試合を観戦できるという。

 ケインはレイトン・オリエントの公式サイトを通じて、「僕は『ブリズベーン・ロード』からほんの数キロ離れた所(ロンドン北東部ウォルサムストウ)で生まれ育った。だから、僕のプロキャリアが始まったクラブに恩返しする機会があって本当に嬉しい。この取り組みは同時に、この困難な時期に医療とサポートを提供してくれた多くの最前線のヒーローと慈善団体への大きな感謝を表明できる場所を僕に与えてくれる」とコメントした。

 ユニフォーム売上の10%はチャリティー団体に寄付されることになる。レイトン・オリエントはクラブ公式のショッピングサイトで、ユニフォームのプレオーダー受付を開始している。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA