FOLLOW US

マンC、一時帰休制度を利用せず「スタッフとその仕事、我々のビジネス全てを守る」

一時帰休制度を利用しないと発表したマンチェスター・C [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cはスタッフの一時解雇をしない方針で決定したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大によりプレミアリーグは中断。世界中で財政難に陥るクラブや、スタッフの給与カットを発表するクラブも増えてきている。プレミアリーグでは、トッテナムやリヴァプールなどの複数クラブが給与の8割が保証される英政府の雇用維持制度を利用し、一時帰休することを発表していた。

 今回同メディアが伝えるところによると、マンチェスター・Cはこの制度を利用しないことを決定したようだ。次のようにスポークスマンのコメントを伝えている。

「先週の会長と理事会の決定を受け、マンチェスター・Cは英国政府のコロナウイルス雇用維持制度(政府資金による一時帰休)を利用しないことを決定した。私たちは、我々のスタッフ、彼らの仕事、そして我々のビジネスすべてを守ることを決意し、同時に、この最も困難な時期に、より広いコミュニティの全ての人のために支援できることをしていく」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA