FOLLOW US

今季不調のリンガードがマンU退団へ…新天地候補はアーセナルか

アーセナルへの移籍が噂されているリンガード [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属しているイングランド代表MFジェシー・リンガードは、今季限りでクラブを退団する可能性が高いようだ。イギリスメディア『エクスプレス』が4日に報じている。

 リンガードは昨シーズン、プレミアリーグで27試合に出場し4ゴールを挙げていたが、今季は本来のパフォーマンスを発揮できていない。プレミアリーグ第29節終了時点で20試合に出場しているが、ここまでノーゴールとなっている。リンガードがプレミアリーグの舞台で最後に得点を記録したのは2018年の12月となっており、直近の試合ではメンバー外となることも多かった。

 このような状況を受け、リンガードはマンチェスター・Uを退団することになるかもしれない。同選手とマンチェスター・Uの契約は来シーズン終了時までとなっており、クラブは移籍金が手に入る今夏の売却を視野に入れているようだ。

 新天地候補としては、同じプレミアリーグのライバルクラブであるアーセナルの名前が挙がっている。レアル・マドリードからのレンタル移籍で加入しているスペイン代表MFダニ・セバージョスが今季限りでクラブを離れる可能性が高いため、アーセナルは新たなプレーメーカーの確保を急いでおり、リンガードがリストアップされているようだ。

 現在27歳のリンガードはマンチェスター・Uのアカデミー出身だ。ブライトンやダービーへのレンタル移籍を経て、2015-16シーズンから主力に定着。2018 FIFAワールドカップ ロシアに臨むイングランド代表にも選出され、同大会では6試合に出場して1ゴールを挙げるなど母国のベスト4入りに貢献していた。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA