FOLLOW US

リヴァプール2大エースの去就をクラブOBが大胆予想「サラーではなくマネが…」

リヴァプールのサラーとマネ [写真]=Getty Images

 かつてリヴァプールやユヴェントスでプレーした元マリ代表MFのモハメド・シソコ氏は、古巣の2大エースの去就について持論を語った。24日、イギリス紙『デイリー・ミラー』が報じている。



 かねてよりレアル・マドリードからの強い関心が報じられるリヴァプールの2大エース、エジプト代表FWモハメド・サラーとセネガル代表FWサディオ・マネ。この2選手の去就について持論を展開したのは、クラブOBのシソコ氏だ。2005年にバレンシアからリヴァプールに加入し、その後はユヴェントス、パリ・サンジェルマン(PSG)など複数クラブを転々とした同氏は、今年1月に引退を発表している。

 シソコ氏は、サラーとマネの能力やプレースタイルの特徴を比較し、大胆な予想を口にした。

「サラーがクラブに残るかは分からない。もし彼が去ったら、それはリヴァプールにとって良いことにもなりうるだろう。賢いクラブだし、彼の穴を埋めるやり方は分かっているはずだ」

「(サラーのレアル移籍の可能性を問われ)いや、私はマネのほうが可能性が高いと思う。なぜなら、彼はジネディーヌ・ジダンが求める特徴を持っているからだ。彼はマネを高く評価していると思う。私は、マネがレアル・マドリードに移籍すると思うよ」

 もしマネの移籍が実現すればセンセーショナルな契約となるが、果たしてビッグディールは成立するのだろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA