FOLLOW US

南野フル出場のリヴァプール、FA杯敗退…敵地でチェルシーに2失点完敗

南野フル出場のリヴァプールはチェルシーに敗れた [写真]=Getty Images

 FAカップ5回戦が3日に行われ、チェルシーとFW南野拓実が所属するリヴァプールが対戦した。南野はセンターFWとして先発出場を果たし、加入後初となるフル出場を果たした。

 試合が動いたのは13分、ホームのチェルシーが相手のミスから先制する。リヴァプールはGKアドリアンを起点にビルドアップを試みたが、中央に誘導されたところでファビーニョがトラップをミスし、これを拾ったウィリアンが強烈な一撃を放つ。アドリアンはキャッチを試みたが取りこぼし、ボールはゴールに吸い込まれた。

 20分、リヴァプールがチェルシーのゴールに迫る。相手のクリアを拾った南野はトラップから左足でのボレーを試みたが、相手に寄せられシュートは打てず。そのこぼれ球を拾ったサディオ・マネのシュートはGKケパ・アリサバラガに体で弾かれ、その次に反応したディヴォック・オリジのシュートもケパに左手でセーブされる。さらに詰めたカーティス・ジョーンズもケパの足に阻まれ、同点とすることはできなかった。

 42分、チェルシーにアクシデントが発生。マテオ・コヴァチッチが相手との接触で左足首を痛めてプレー続行が不可能に。メイソン・マウントとの交代を余儀なくされた。

 1点のリードで後半を迎えたチェルシーは51分にも負傷交代でカードを切ることに。ウィリアンが左足首を気にした様子でピッチに座り込んでプレー続行を諦め、代わってジョルジーニョが投入された。

 チェルシーは62分、中央・ゴールから約25メートルの位置でFKを獲得する。キッカーを担当したマウントの強烈な一撃は、惜しくもクロスバー。すると64分、チェルシーがリードを広げることに成功する。ハーフウェイ付近でボールを回収したロス・バークリーは、自ら運んでファイナルサードまで侵入。右足を振り抜き、抑えの効いた強烈な一撃を突き刺した。さらに67分、相手DFの背後を取ったペドロ・ロドリゲスがGKとの1対1を迎えたが、フィニッシュを成功させることはできなかった。

 追加点を狙うチェルシーは、74分にも決定機。セサル・アスピリクエタのロングフィードから相手DFの背後を取ったオリヴィエ・ジルーがゴール前に侵入。相手DFに寄せられながらもフィニッシュまで持ち込んだが、シュートは惜しくもクロスバーに阻まれた。

 追いつきたいリヴァプールは、80分にアダム・ララーナと代えてモハメド・サラーを投入。これが3枚目のカードとなり、南野は出場6試合目で初のフル出場を果たすことになった。

 結局リヴァプールは1点も返すことができず、試合はこのまま終了。チェルシーが6回戦(準々決勝)へと駒を進めた。敗れたリヴァプールは、0-3で敗れたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦に続く敗戦となり、今季初の公式戦連敗となった。

【スコア】
チェルシー 2-0 リヴァプール

【得点者】
1-0 13分 ウィリアン(チェルシー)
2-0 64分 ロス・バークリー(チェルシー)

【スターティングメンバー】
チェルシー(4-3-3)
ケパ;アスピリクエタ、リュディガー、ズマ、M・アロンソ;ギルモア、コヴァチッチ(42分 マウント)、バークリー;ウィリアン(51分 ジョルジーニョ)、ジルー(90分 R・ジェームズ)、ペドロ

リヴァプール(4-3-3)
アドリアン;N・ウィリアムズ、J・ゴメス、ファン・ダイク、ロバートソン;ララーナ(80分 サラー)、ファビーニョ、C・ジョーンズ(70分 ミルナー);マネ、南野、オリジ(70分 フィルミーノ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA