FOLLOW US

痛恨ミスで失点も…スールシャール監督、デ・ヘアを擁護「世界最高のGK」

失点に直結するミスを犯したデ・ヘア(写真は昨年12月のもの) [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督が、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアを擁護した。イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 3月1日に行われたプレミアリーグ第28節エヴァートン戦に先発出場したデ・ヘアは3分、前線へのフィードを試みたが、寄せてきた相手FWにボールを当ててしまい、それが直接ゴールに吸い込まれて失点を喫した。その後、31分にブルーノ・フェルナンデスのゴールで追いつくことには成功したものの、1-1の引き分けに終わった。

 データサイト『OPTA』によると、デ・ヘアは昨シーズンの開幕から数えて、プレミアリーグで「失点に直結するミス」が7度目。これは、マルティン・ドゥブラフカ(ニューカッスル)、ベルント・レノ(アーセナル)と並んで最悪の数字となっている。

 このミスにはデ・ヘアに対する批判の声が上がっているが、スールシャール監督は守護神を信頼していることを強調した。

「彼は昨シーズン、間違いなく難しい時間を過ごしていたと思う。それでも今シーズンはとても良くやっている。この試合を除いて、今シーズンは彼が大きなミスをしたことは覚えていない。ダビドのことは100パーセント信頼をしている」

「ダビドは素晴らしいリアクションを見せたと思う。あの後、素晴らしいセーブもしたし、終了間際の(ギルフィ)シグルズソンのシュートも止めた。私にとってはダビドが世界最高のゴールキーパーだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO