FOLLOW US

ブライトン、「究極のプロ」36歳FWマレーと2021年まで契約延長を発表

ブライトンがマレーと契約延長 [写真]=Getty Images

 ブライトンは3日、イングランド人FWグレン・マレーとの契約を2021年6月まで延長したと発表した。

 36歳のマレーはアマチュアのワーキントンAFC(イングランド6部相当)でプレキャリアをスタートさせると、アメリカの下部クラブでもプレーした。その後EFLリーグ2(4部相当)のロッチデールで得点を重ね、2007年1月に当時リーグ1(3部相当)のブライトンへ加入。ブライトンでは3シーズン半の在籍でリーグ戦54得点を記録、2011年にチャンピオンシップ(2部相当)のクリスタル・パレスへ移籍した。

 クリスタル・パレスでは2年目の2012ー13シーズンに30得点を記録してクラブのプレミアリーグ昇格の立役者となった。レディングへのレンタル移籍を経て、2014ー15シーズンにはクラブ残留に大きく貢献したが、翌シーズン開幕後にボーンマスへ移籍。その後2016年にブライトンへ復帰すると、1年目から23得点を記録してクラブをプレミアリーグ昇格へ導いた。以降も2シーズン連続で2桁ゴールを記録し、クラブの残留に貢献している。

 今シーズンは途中出場が増えているとはいえ、グラハム・ポッター監督が「究極のプロ」と評するようにクラブからの信頼は揺らがないようだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA