FOLLOW US

アルテタ監督、レアル復帰希望のセバージョスに言及「アーセナルで戦ってほしい」

アーセナルに所属するセバージョス [写真]=Getty Images

 アーセナルのミケル・アルテタ監督が、同チームに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョスについて言及した。24日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。



 セバージョスは今季開幕前にレアル・マドリードから期限付き移籍で加入。新天地でレギュラーの座を確保すると、公式戦17試合に出場した。しかし、11月6日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第4節のヴィトーリア・ギマランイス戦で左足ハムストリングを負傷してからは公式戦のピッチに立てておらず、今季終了後に行われるEURO2020への出場を目指す同選手は、レアル・マドリードへの復帰希望あると伝えられている。

 そんなセバージョスに対して、先月アーセナルの指揮官に就任したアルテタ監督はチームに必要な存在だと感じているようだ。以下のように語った。

「私が監督になった時、彼は1ヶ月間マドリードでリハビリに取り組んでいた。だから私は彼と、まだ10日ほどしかトレーニングを行なっておらず、評価し切れていないのが正直なところだ」

「まずは身体の状態を万全にして、今いるアーセナルで戦ってほしいと思っているよ。もちろん彼も含めて、私はチームの最適解を選びたいと思うからね」

 冬の移籍市場の期限は1月末までだが、果たしてセバージョスは古巣へ戻ることになるのだろうか。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA