2020.01.15

アーセナル、オーバメヤンの3試合出場停止処分に異議申し立てへ

ピエール・エメリク・オーバメヤン
クリスタル・パレス戦で退場となったオーバメヤン [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アーセナルが、ガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの処分に異議申し立てを行うようだ。14日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が報じている。

 オーバメヤンは11日に行われたプレミアリーグ第22節クリスタル・パレス戦の65分、ドイツ代表MFマックス・マイヤーにスライディングタックルを仕掛けた。同選手にはすぐにイエローカードが提示されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の助言によってレッドカードに変わり一発退場となった。

 これにより、オーバメヤンは18日に行われるリーグ戦第23節シェフィールド・U戦、21日に行われる第24節チェルシー戦、27日に行われるFAカップ4回戦ボーンマス戦の3試合が出場停止処分となっている。

 しかし、3試合の出場停止処分が重すぎると考えているアーセナルは、処分撤回は要求しないようだが、1試合または2試合へ出場停止処分が軽減されることを訴えていくという。

 オーバメヤンは今季ここまで公式戦26試合の出場で16ゴールを記録するなど、エースとしてチームを牽引していただけに、アーセナルとしては早期復帰を待ち望んでいるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング