FOLLOW US

武藤が14試合ぶりに先発復帰も…負傷者続出のニューカッスル、レスターに完敗

今季公式戦3試合目の先発出場となったニューカッスル武藤嘉紀 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第21節が1日に行われ、FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルとレスターが対戦した。武藤は第7節レスター戦以来14試合ぶり2回目の先発出場となり、フル出場を果たした。

 押し込まれる時間が長く続くニューカッスルは、25分にカウンターからチャンスを迎える。中盤でボールを奪うと、ジョンジョ・シェルヴィーが前方で走り出したジョエリントンへとロングフィード。ジョエリントンは相手GKとの1対1を迎えたが、決めることは出来なかった。

 すると36分、ニューカッスルはミスから失点を喫する。自陣深い位置でボールを持ったフロリアン・ルジューヌが逆サイドへのパスを試みたが、ボールスピードが足らずにインターセプトされる。レスターはボールを奪ったアジョセ・ペレスがそのままフィニッシュまで持ち込み、古巣相手のゴールを記録した。

 さらに39分、ニューカッスルは再びルジューヌが危険な位置でミスを犯しリードを広げられる。ルジューヌはゴールライン付近からのクリアを試みたが、キックに失敗してボールを遠くまで飛ばせず。このボールを回収したレスターは素早い繋ぎで中央までボールを運ぶと、最後はジェームズ・マディソンがエリア外から左足を振り抜き、強烈なシュートをゴール右上隅に突き刺した。

 2点を追う展開になったニューカッスルは前半終了間際、立て続けにアクシデントが発生し、更に苦しい試合運びを強いられることに。45分にジェトロ・ウィレムスが、前半アディショナルタイム3分にはハビエル・マンキージョがともに筋肉系のトラブルでプレー続行が不可能となり、それぞれデアンドレ・イェドリン、エミル・クラフスと交代した。

 前半のうちに交代カードを2枚切ることになったニューカッスルは、後半頭からジョンジョ・シェルヴィーに変えてシーン・ロングスタッフを投入。しかしこの直後、ニューカッスルはさらなるトラブルに見舞われてしまう。46分、ファビアン・シェアーが太もも裏を押さえてピッチに倒れ込むと、応急処置を受けて48分にピッチに戻ったが、51分にプレー続行を諦める。3枚の交代枠を使い切ったニューカッスルは、数的不利の状態で残りの40分以上を戦うことになってしまった。

 大きなアドバンテージを得たレスターは、60分にビッグチャンスを迎える。カウンターから一気にゴール前まで運ぶと、ケレチ・イヘアナチョが左足でゴールを狙う。このシュートが相手GKに弾かれると、A・ペレスがこぼれ球に反応してフィニッシュ。これも相手GKに防がれると、A・ペレスはさらに詰めてゴールを狙うが、最後はポストに阻まれた。

 レスターは87分に試合を決定付ける3点目を獲得する。途中出場のハムザ・チョーダリーがペナルティエリアの外からゴール右上隅を狙ってシュートを放つと、ボールはクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

 新年最初の試合はこのまま終了。ニューカッスルはスコア以上に手痛い敗戦を喫し、リーグ戦3連敗。一方のレスターは2連勝となった。 1月最初の週末はFAカップ3回戦が行われる関係で、プレミアリーグは一旦お休みに。次節は11日に行われ、ニューカッスルはアウェイでウルヴァーハンプトン・ワンダラーズと、レスターはホームでサウサンプトンとそれぞれ対戦する。

【スコア】
ニューカッスル 0-3 レスター

【得点者】
0-1 36分 アジョセ・ペレス(レスター)
0-2 39分 ジェームズ・マディソン(レスター)
0-3 87分 ハムザ・チョーダリー(レスター)


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO