FOLLOW US

「VARの神様が味方をしなかった」…C・パレス指揮官がゴール取り消しに言及

ゴール取り消しに言及したクリスタル・パレス指揮官 [写真]=Getty Images

 クリスタル・パレスを率いるロイ・ホジソン監督がVARの判定について言及した。イギリス誌『FourFourTwo』が28日に伝えている。

 プレミアリーグ第20節が28日に行われ、サウサンプトンとクリスタル・パレスが対戦。試合は50分、ジェームズ・トムキンスのゴールでクリスタル・パレスが先制すると、74分にダニー・イングスのゴールでサウサンプトンは同点に追いつく。そのまま試合は終了して、両チーム引き分けで年内を終えた。

 試合後、ホジソン監督は15分の場面について言及。FWウィルフレッド・ザハの横パスをMFマックス・マイヤーがゴール右上に決めたが、ザハのポジションに対してVARによるオフサイド判定が下されてゴールは取り消された。同監督はゴール取り消しについて次のように言及した。

「ゴールを決めた時、それがVARによって確認されるとは思いもしなかった。VARが使われたことに対して議論したり嘆いたりする意味はないが、我々は幸運でなかったことは確かだ。VARの神様が我々の味方をしてくれなかった。おそらくサウサンプトン側に立っていたのだろう」

 クリスタル・パレスは第20節終了時点で7勝6分7敗。勝ち点「27」で9位に位置している。次節、クリスタル・パレスはアウェイでノリッジと対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO