FOLLOW US

ケイン、“ボクシング・デー”通算8得点目をマーク…わずか5試合で歴代2位に並ぶ

トッテナムのエースFWケイン [写真]=Getty Images

 トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、26日に行われたプレミアリーグでブライトン戦でゴールをマーク。リーグのレジェンドが持つ記録に並んだようだ。同日、データ統計サイト『Opta』が伝えた。

 ブライトン戦でフル出場を果たしたケインは、0-1のビハインドで迎えた53分、自ら放ったシュートのこぼれ球に素早く反応して態勢を崩しながらの右足ボレー。これが同点弾となってチームが勢いづくと、72分にデレ・アリが逆転点を挙げてチームは2-1で勝利した。

 ケインが12月26日=“ボクシング・デー”に行われたプレミアリーグの試合で挙げた得点は、ブライトン戦のゴールで通算8得点目に。同選手は2014年のレスター戦で1得点、15年のノリッジ戦で2得点、17年のサウサンプトン戦でハットトリック、18年のボーンマス戦でも1得点を挙げている。なお、16年のサウサンプトン戦でも1得点を挙げているが、12月28日開催のためカウントされていない。

 プレミアリーグの公式サイトによると、“ボクシング・デー”でケインよりも得点を挙げた選手は、リヴァプールなどで活躍した元イングランド代表FWロビー・ファウラー氏(9得点)のみ。ケインはニューカッスルで活躍した元イングランド代表FWアラン・シアラー氏とトッテナムで活躍した元アイルランド代表FWロビー・キーン氏に並んで、歴代2位に躍り出た。ファウラー氏は10試合、シアラー氏は11試合、キーン氏は9試合でそれぞれ記録を作っており、ケインの「5試合8得点」がいかにハイペースかがうかがえる。

 ケインにとって、ブライトン戦のゴールは今季のプレミアリーグで10得点目に。また、12月のプレミアリーグで挙げた得点は26ゴール目と、月別最多となっている。28日に行われる次節の相手ノリッジとは2試合で4得点と相性がいいだけに、年内最終週をシーズン後半戦に向けてギアを上げる1週間としたいところだ。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA