2019.12.09

エヴァートンが声明を発表…チェルシー戦での差別的なチャントについて調査

エヴァートン
エヴァートンは、チェルシー戦で歌われた差別的なチャントについて調査することを発表した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 エヴァートンは8日に公式声明を発表し、7日に行われたチェルシー戦で報告されたホモフォビア(同性愛者嫌悪)ともとれるチャントについて、反差別団体「キック・イット・アウト」と調査を開始したことを明かした。

 エヴァートンは7日、プレミアリーグ第16節でチェルシーをホームに迎えて3-1で勝利。しかしクラブと「キック・イット・アウト」の両団体は、エヴァートンのごく一部のファンがチェルシーのファンを狙った同性愛者を差別するようなチャントを歌っていたという報告を受けたという。

 同クラブは「我々のスタジアム、クラブ、コミュニティや試合にはホモフォビアの居場所はない」として同性愛者への差別やそれらに関する行動を強く非難した上で、マージーサイド警察などと連携を取りながら徹底的な調査を実施するとしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
51pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング