2019.12.06

ドイツ王者・バイエルンは撤退か…前トッテナム指揮官への関心が薄まる

現在はフリーとなっているポチェッティーノ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バイエルンは、11月にトッテナムの指揮官を解任されたマウリシオ・ポチェッティーノ氏への関心を失った模様だ。5日に、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』が報じている。

 ポチェッティーノ氏がトッテナムを去ってからというものの、バイエルンは同氏に関心を抱くクラブの一つとして報道されてきた。ニコ・コヴァチ前監督に見切りをつけたドイツ王者の指揮官にはポチェッティーノ氏が就任するかと思われてきたが、暫定監督を務めるハンシ・フリック監督がチームを上手くコントロールしていることで、バイエルンのポチェッティーノ氏への関心は下がってきているという。

 それでもなお、ポチェッティーノ氏はマンチェスター・Uをはじめとするいくつかのクラブからラブコールを受けているとされる。果たして、“人気銘柄”の新天地はどこになるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
47pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
40pt
レアル・マドリード
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
42pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング