2019.11.22

バルサが有望株DFを放出か…レヴァークーゼンやプレミアの複数クラブが関心

バルセロナでの将来が不透明になっているトディボ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 フランスU-20代表DFジャン・クレール・トディボは、所属するバルセロナを離れることになるかもしれない。21日に、スペインメディア『マルカ』が報じている。


 今年1月にトゥールーズからバルセロナに加入したトディボだが、今シーズンは出場機会に恵まれていない。リーガ・エスパニョーラではここまで2試合の出場にとどまっている。

 しかし、「ネクスト・ヴァラン」の異名を持つトディボの元には、数々のクラブからオファーが舞い込んでいるようだ。『マルカ』によると、レヴァークーゼンはフランス人DFに強い関心を示しているクラブの一つであり、今冬の移籍市場での獲得を狙っている模様。また、プレミアリーグの複数クラブもバルセロナに問い合わせを行っているという。

 バルセロナとしては、トディボの移籍を容認するとしても、買い戻しオプション付きのローン形式にしたいようだ。同ポジションのサミュエル・ユムティティがケガがちなこともあり、バルセロナはトディボの取引で慎重な姿勢を崩さないことだろう。

 果たして、フランスの有望株の将来はどのクラブにあるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
35pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
35pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
39pt
ユヴェントス
39pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング