2019.11.22

“スペシャル・ワン”、新天地で初会見「私にとって最大の贈り物は…」

ジョゼ・モウリーニョ
モウリーニョがトッテナム指揮官として初の記者会見に臨んだ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ新監督が、21日に就任後初となる記者会見に臨んだ。同日、イギリスメディア『BBC』が伝えた。


 現在56歳のモウリーニョ監督は、20日にトッテナムの新監督に就任。同氏はこれまでに、チェルシーやインテル、マンチェスター・Uなどを指揮し、2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝や3度のプレミアリーグ制覇を経験している。昨年12月に成績不振を理由にマンチェスター・Uを退団して以降フリーの状態が続いていた“スペシャル・ワン”にとって、トッテナムはおよそ11カ月ぶりの現場となる。

 モウリーニョ監督は、「私は自分が過ちを犯していたことに気づいた。私は同じ過ちを繰り返さない。新たなミスをしたとしても、同じミスは二度とない。私は挑戦し、自分のキャリアを分析するくらいには謙虚な人間だ。昨シーズンに限らず、進化点、問題点、解決策、その全てについて、本当に掘り下げて分析を行ったよ。休暇はとても役に立った。監督ではない夏は初めてだったからね」と、ブランク期間に自身の戦術を見つめ直したことを明かした。

 続けて同監督は、「勝てないときに幸せにはなれない。それは変えられない、私の“DNA”だ。選手たちにも伝わると願っているよ。負けても幸せを感じていては、とてもじゃないが勝者にはなれない」とトッテナムに勝者のメンタリティを植え付けることを約束した。

[写真]=Getty Images

 また、モウリーニョ監督はチームの印象にも言及。すでに十分なポテンシャルを備えており、来年1月の補強は必要ないだろうとの見解を示した。

「私にとって最大の贈り物は、選手を獲得する必要がないということだ。今いる戦力に満足しているよ。彼らとの時間はもう少し必要だ。敵として対戦して彼らのことはよく知っているが、それだけでは十分な理解は絶対に得られない。今季のプレミアリーグを優勝することは無理だ。でも、来季の優勝は可能だ。『優勝するだろう』ではなく、あくまで『可能』だ」

 最後に、モウリーニョ監督は前任のポチェッティーノ氏をリスペクト。トッテナムはいつでも同氏の帰還を歓迎すると約束した。

「彼がやってきた仕事については称賛したい。このクラブは、いつでも彼のホームになるだろう。この練習場は、いつでも彼の練習場になるだろう。彼は来たいときに来ていいんだ。彼が選手やスタッフを恋しく思ったとき、“ドア”は彼のために常に開かれるだろう。彼は再びビッグクラブで幸せになるだろう。彼には素晴らしい将来が待っている」

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング